IR INFOMATION

IR情報

経営情報
対処すべき課題

 前期においては、スポーツ事業および卸売事業からの撤退を実施し、美容事業子会社の吸収合併を行い、当社グループを一旦、美容事業と和装宝飾事業に集約する「選択と集中」を行い、新たな成長加速に向けた大きな事業再編を実行いたしました。
 しかしながら既存事業である美容事業・和装宝飾事業を取り巻く環境は、市場の成熟化、顧客ニーズの多様化、ライフスタイルの変化、更に業種業態を超えた競争激化など、厳しい状況が続いております。その中で、当社グループが持続的な成長を実現していくためには、以下の取り組みが重要課題として捉えております。

①事業領域拡大に向けた取り組み
M&Aにより、収益拡大が見込まれる新規事業の開拓を積極的に推進してまいります。  既存事業の商圏拡大への取り組みと並行しつつ、強化した投資力とこれまでに蓄積してきた事業再生ノウハウを活用したM&A戦略を推進し、グループの収益力向上と成長を目指してまいります。

②新規顧客拡大に向けた取り組み
市場環境・消費者動向の変化の中で、安定した収益力を維持しつつ確実な商圏拡大を目指すために、従来からの営業施策である「ソフトと価値の提供」によって既存顧客との信頼関係強化に努める一方で、新規顧客獲得を推進してまいります。  新規顧客拡大への取り組みをグループ共通の課題として各事業において浸透させ、顧客の満足と信頼につながる「ソフトと価値の提供」施策の充実と深化により、新たな顧客創出を図り、既存事業での収益拡大に努めてまいります。

③人財育成と定着化への取り組み
グループの成長戦略であるM&Aを推進することによる事業領域拡大や既存事業の商圏拡大を進めていくためには、社内管理体制の構築と整備は重要な課題となります。当社グループでは、管理部門を集中させることにより管理コスト削減と資金運用の効率化を図ってまいりましたが、事業再編により強化された投資力を、人財確保と育成コストに活用してまいります。  今後新たに、管理部門及び各事業・連結子会社共通の教育担当部門を設置し、人財育成に総合的な視点を設けることで、従業員の意欲向上と定着率の向上を図ってまいります。同時に、各事業部における研修・教育内容は、各事業の特性に特化した内容に注力していくことで、人財一人ひとりの生産性向上を図ってまいります。

④企業の社会的責任への取り組み
当社グループでは、事業拡大・収益拡大への取り組みを推進する一方で、企業に求められる法的責任、経済的責任、社会貢献についても重視してまいります。  コンプライアンス委員会の活動強化や充実を図り、コンプライアンスの徹底に努めるとともに、グループ全体の社会的信用度を高めるための活動についても積極的に推進してまいります。

以上の取り組みに努めることにより、グループの収益力向上と成長加速を図りながら、中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。