RECRUIT

採用情報

先輩インタビュー

東京きもの愛 成田富里店 / 店長 / きもの事業本部

現在の仕事内容

着物や和装小物を販売するだけではありません。
日本の伝統文化である着物のファンづくり・着た後のお手入れ・着る機会の提供などをして、着物の美しさや着る楽しさを知ってもらえる様な取り組みをしています。

また、お客様がお持ちのもので困っている事の相談にのったりする事もあります。
着物の再発見をしてもらえたら良いなと思っています。

どの様にしたらお客様に興味を持ってもらえるかを考え、
店頭のディスプレイをこまめに変えたりするので、入社する時に思っていたよりもやることが沢山あって毎日充実しています。

ただ、商品は高価な物が大半を占めているのですぐに結果を出す事は簡単ではありません。
どの様にしていくかというと、
お客様との信頼関係をつくり自分の『ファン』になってもらえるようにする事です。
そのためにはお客様のお顔やお名前を覚えたり、お礼の手紙や電話をしたりして少しずつコミュニケーションをとっていきます。

そういったアプローチによってお客様が何度もお店に足を運んでくれて、私がきっかけで着物のファンが増えると喜びを感じます。
「田村さんが居るから・・・」とお客様に言ってもらえる事が何より嬉しいです。

入社のきっかけ

私は高校と大学で接客のアルバイトをしていて、
楽しさややりがいに惹かれ、就職しても接客をしたいという想いを軸に就職活動を始めました。
また、私にしかできない仕事がしたいという想いもありました。
…一体何だろう、と考えた時、せっかく日本に女性として生まれてきた事を活かせることが良い。
それは『着物』しかない!!と、思いました。

しかし今まで着物を着たのは成人式の振袖のみで全く知識がなかったので不安でした。
不安を抱いているよりもまずは説明会に参加してみるのが一番だと思いエントリーしました。

その説明会で「研修制度があるので、今まで着物に馴染みがなくても・知識がなくても皆同じスタートラインに立てる」と聞いて安心しました。

採用面接では先輩社員と少人数でお話しが聞けたり、店舗見学をさせて頂いて会社のリアルな雰囲気を感じることが出来ました。
私は 着物屋さん=堅そうなイメージ が、ありましたが気さくで明るい方が多く、とても風通しの良さそうな会社だな。と思い入社しました。

就職活動中の皆様へメッセージ

着る機会がないと言われてしまう着物ですが心のどこかには着てみたいと思っている方は多いはず…私もその一人でした。

きっかけがないと始めの一歩を踏み出せないと思います。
それが私にとってのきっかけとなり、 着物はとても奥が深いので、勉強しているうちにどんどんはまっていきました。

着物を知りたい・好きになってみたいという気持ちがあれば何とかなります。
奥が深く、毎日が勉強なのでとても充実していて楽しいです。
自分の世界が大きく変わりますし、着物が武器になると思います。

社内研修で浴衣すら自分で着られなかった私が着物を着られるようになった事は、
これといって特技が無かったため、大きな自信にも繋がりました。
また、研修や工房見学などを積極的に開催してくれるのでレベルアップしやすい環境です。

就職活動中は自分を見つめ直す機会だと思います。
私の様に全く着物に接点が無くても、ふとした時にやってみたいかも!と思ったらまずはチャレンジしてみてください。
まさか自分が着物屋さんになるなんて…と新しい自分と出会うチャンスです。
大変な事もありますが、とにかく元気に明るく楽しくしていれば乗り越えられると思います。

=>>きもの きもの事業本部
新卒採用(きもの事業本部)はこちら 中途採用はこちら